フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

iOSをアップデートする度にエラー1604が出るので対処の覚書

先ほどiPod touchのOSを4.3にアップデートしました。
4.2にアップデートした際にエラーが起きたので、時間があるときにしようと思って今日行ったら、案の定またアップデートに失敗しました。
これからもおそらく毎回エラーが出るので、そのときの対応の仕方を備忘録としてメモしておきます。
僕の場合は毎回「不明なエラーが発生しました(1604)」的なメッセージです。

スポンサーリンク

エラー1604が出たときに直す手順

  1. デバイスを iTunes に接続し、デバイスがリカバリモードであることを確認します。リカバリモードでない場合は、リカバリモード にします。

    リカバリーモードにする方法:
    1-1. USB ケーブルを iPhone または iPod touch から抜き、ケーブルのもう一端は、コンピュータの USB ポートに接続したままにします。

    1-2. デバイスの電源を切ります:スリープ/スリープ解除ボタンを数秒間押し続け、赤いスライダが表示されたらそれをスライドします。iPhone または iPod touch の電源が切れるまで待ちます。

    1-3. スライダを使ってデバイスの電源が切れない場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。デバイスの電源が切れたら、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを放します。

    1-4. ホームボタンを押し続けた状態で、USB ケーブルをデバイスにもう一度接続します。USB ケーブルをデバイスに再接続すると、デバイスの電源が入ります。

    1-5. 「iTunes に接続」(USBケーブルがiTunesアイコンに向かって伸びている表示)画面が表示されるまでホームボタンを押し続けます。表示されたら、ホームボタンを放します。

  2. 復元し、エラー 1604 が表示されるのを待ちます。
  3. ダイアログが出たら「OK」をクリックします。
  4. iPhone を接続した状態で iTunes を一度終了し、再度開きます。
  5. これで iPhone がリカバリモードで認識されます。(このときのデバイスの画面は1回目と違い真っ暗な画面になっている)
  6. もう一度復元してみます。

これでだいたいいつも直ります。
一度工場出荷状態にした端末をバックアップしてある状態に戻す作業なので、OSアップデート前にバックアップを取ることは必須です。
毎回アップデートに失敗してこの工程を踏むので、覚悟してから作業を行なっています。