フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

Pentium4→Core i7

shadead cafeでも若干触れましたが、やっとこさ念願のCore i7でNEWマシンを組みました。
悩みに悩んだ末の構成です。かなり満足!

GPUは最後まで悩みましたが、最新ゲームをやらなく動画編集がメインの用途ですので重要なのはGPUよりもCPUということで、よく冷えると評判のファンを搭載したHIS製のRadeon HD4670機に。

スポンサーリンク

速度比較テスト

さっそくshadead cafeの動画を使い旧マシンとの能力テストを行いました。
旧マシンはPentium4の3.0GHzGeforce 7300GS 128MB
新マシンはCore i7の2.66GHzRadeon HD4670 512MBです。

編集後のレンダリング処理

まずはVideoStudioで編集を行った後のファイルの吐き出し時間です。

VideoStudioレンダリング時間

1/4以下の時間に!
これはトルネコの回のHQサイズなので旧マシンでも2時間ちょっとで終了してますが、通常ラジオ形式の際のHD動画は4時間以上かかります。それも1時間弱で吐き出せるようになってたら嬉しいですね。

mp4エンコード処理

続いて、吐き出したwmvファイルをH.264、AACのmp4にエンコードした際の時間です。

mp4エンコード処理

なんと1/7に。
エンコードに強いと言われているCore i7の本領発揮ですね。

それよりなにより、バンドで撮り溜めたHD映像がこれでやっと編集できます。
今まではVideoStudioで再生した瞬間にソフトが落ちてましたからね…。

Core i5改めi7の発売日が決定

さて、Core i5とされていたLynnfieldが2009年9月8日の0時1分に解禁となることが決定、P55マザーも同時解禁のようです。
ただ、名称が上からCore i7-860、Core i7-870、Core i5-750と、「i7なのかよ!」と非常にわかりにくい仕様に。
併せて現行のi7-920は廃止?というかi9と名称変更?よくわからない事態になってます。