フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

IETesterがIE8 RC1に対応した!

ブラウザここで何度も書いている通り、僕はインターネットブラウザはFirefoxをメインに使っているわけですが、他にもInternet Explorer 7、Google Chrome、Safari、Opera、Lunascapeがインストールされています。

別に用途によって使い分けているとかではなく、Firefox以外は主にwebサイトを作る際のレンダリング確認用です。

IE8はまだ入れていません。先月末にRC版(Release Candidate、いわゆる製品候補版)がリリースされ、β2からまた進歩しているようですが、正式版が出るのはまだ先の話ですし、一般的にIEを使う人は「ブラウザなんて何でもいいや」って人だという世間論がありますので普及してるバージョンを持っているのが一番いいのです。たぶん。

で、IE7を入れると当然IE6は上書きされてなくなります。
ただ、IE6を使っている人もまだ割といるんですね。
SHADEADに訪れる方で見た割合的には、IE7が40%、IE6が25%、Fx3が25%くらいで、残りがIE8だったりGoogleChromeだったりOperaだったり。

その、上書きされてしまうIEを色んなバージョン環境でエミュレートできるのがweb制作者御用達、”IETester”というツールなのです。
これがIE8 RC1用も対応しました。現在は5.5、6、7、8 RC1、と4つの環境をエミュレートできます。便利っ!
使っている方でバージョンアップがまだの方は是非どうぞ。

Lunascapeでアクセスされる方は殆どいません。
RC1リリースの時にJavascriptベンチマークで世界最速を誇ったのに!

Lunascape

棒が短いほど高速というグラフです。
これを見ると、IE8がいくらRC版でパフォーマンスが向上したといっても、やっぱりFirefoxやGoogle Chromeにはまだ敵わないようです。

しかし。なんかアドオンギャラリーが公開されて、まだRC版だっていうのに盛り上がってるんですよね。結構数ありますよ。
そう、IE8ってWeb構文用のデバッガーが標準で搭載されてるんですってね。
僕はFx用のアドオン「Firebug」と「Web Developer」を使っているのですが、ちょっとこれも気になるところです。

■関連サイト