フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

2008/04/26 神田Zippal Hall公演終了

溜まりに溜まっていた睡眠時間を取り戻すかのように、なかなか布団から出られない
俊哉です。

昨日持ち出した機材、物販、その他で家の中は玄関→キッチン→部屋、どこを見ても荷物だらけ。
これを片付けなきゃなぁと布団の中から横目で見つつ、とりあえず洗濯機だけ回してまた布団の中に帰還し、冷蔵庫にあったサラダを持ち出して食しながらブログの更新←今ここ

というわけでお疲れ様でした!楽しかった!
いや、ライブなんて、バンドやってて一番楽しい行事なのでここが楽しくなきゃどうするって話なんですけど、メンバーと仕事関係の人間以外の人と話したのが久しぶりというハタから見れば真性引きこもりのような僕ですので、エキサイティングな一日でした。

一時期はどうなるかと思いましたけどね。(リハーサル)
リハが終わったところできょうすけから思いっきり寝起きの声で
「ごめん寝てた」
と電話が。わかるっちゅうねん!

とりあえず行くわといい残し、数分後にきょうすけ到着。
マツ、ユーキとは初対面なので挨拶も交わし、しばし談笑。(ここで「前日遠足の前の日みたいに興奮して寝れなかった」というユーキは寝出す)

会場直前、出演者の顔合わせを済ませると、キックペダルとスネアを治療するべく楽器屋で必要な物を購入し二人できょうすけ宅に移動。
そこで施術しつつ、入場用のSEを作りつつ、ラーメンズ、鳥居みゆきの動画を見つつ、そうこうしているうちに出番の時間が近づいてきたのでこれから仕事に行くきょうすけに別れを告げて会場に戻る。

と、今度はきょうすけの両親一行に捕まる(゚ω゚)
度々ライヴに足を運んでくださる方々です。感謝感謝 m(_ _)m

で、本番の方はというと、そりゃもう生でしか伝わらないものなので多くは語りません。
ドラム台があるステージ(ドラムセットが一段高いところに設置してある仕様)ではなかったので、voのマツが当然まん前に立っている僕の位置では全てのお客さんの顔まで見えなかったのが少し残念。
とは言っても視力が悪い+照明が当たっているので、顔まで確認できるのは最前列くらいですが…。

それでもお客さんと目が合うと(正確には”目が合っている感じがする”程度)嬉しいので、僕はわりと見ますよ!
何かアクションをしてくれれば僕も出来る限り返してます(←演奏しろ)

本番終了後にも、らーさん、お友達の方、他の出演バンドを観にきていた方などとお話することが出来、とても有意義な時間でした。
限定生産したバッジのデザインを「かわいいー」と言っていたあなた!
それは可愛いのではなく格好いいデザインなのですよ!

そうそう、この限定バッジをもらうのに必要な用紙に記入するボールペンを大量に受付に渡しておいたのですが、それがフライヤーと一緒に配布されていないという手違いに撤収作業時に気づいてご迷惑おかけしました(_ _(–;(_ _(–;

貴重な時間を割いて観に来てくれた方々、暇だから来てくれた方々、後に控えてるREMINGSを観に来たついでにいてくれた方々、皆ありがとうございました!