フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

編集後記

と、いうわけで2ndアルバムのダウンロード販売を開始したわけですが、オファーを頂いたのが9月18日なので
配信開始まで随分時間が掛かってしまいました(汗)

スポンサーリンク

ネット銀行を開設。

まず最初に売り上げの振込み先の口座を開設することからです。
いかに楽に新規口座を開設するかにあたり、僕が目をつけたのがインターネット銀行というもの。

インターネット銀行というのは言ってみれば実店舗がない銀行です。
入金や出金はコンビニのATMで全て事足ります。振込みに至っては家のパソコンから出来るほどの手軽さ。
それに加え、普通の銀行と比べて利息が何十倍もいいという、正にいたれりつくせりです。
デメリットとしては公共料金の引き落としが出来ないくらいでしょうか。それも時間の問題だとは思いますが。

検索してみると、ちょうど比較サイトを発見、そこで調べた結果、イーバンク銀行が一番合っていると判断しました。
理由としては、セブンイレブンのATMで入出金が24時間できて、しかも手数料が無料。イーバンク同士なら振込み手数料さえも無料。他金融機関への振込みは160円かかるようですが、それでも格安といったところです。

にしてもあれなんですね。
本人確認書類ってあるじゃないですか。免許証のコピーとかパスポートとか。
今は携帯のカメラで撮ってそのまま送ればそれでOKなんですね!
時代の進歩に驚いた瞬間でした。

販売価格を決める。

次に決めるのは曲単位の値段設定でした。
100、150、200円から選べるのですが、製品盤を1000円で売っていた事を考えると、やはり150円?
ただ、正味な話、CD盤はメディア代、紙代、インク代、パッケージ代など、かなりのコストに加え、パッケージする手間もかかるんですね。
それを差し引いて、mp3に圧縮した状態であるということ、更に発売から時間が経過していることもふまえて1曲100円という価格設定にしました。

ただ、どうしても製品盤がいいという方は、まだ数枚残っていますのでライブの際にお買い求めください。(礼)

現在バンドの方は、メンバーを探しつつ、新曲のデモ録りを開始しようかという段階です。足りないベースパートはYusukeが弾けば音源だけなら出来ますからね。
恐らくそれも単発でのリリースはダウンロード販売のみとなります。その後、アルバムを作れるくらいの曲が溜まったところで製品盤リリースという流れです。

あ、音源の視聴ページにある”blogに貼る”というボタンを押すとタグが吐き出されます。
それをプッとコピーしてペタッとブログに貼るとその曲の再生プレイヤー&販売ページへのリンクが完成します。

そうなると僕達ももうウハウハな状況に陥るので「販売促進してもいいぜ!」という奇特な方はどうぞよろしくお願いします。
ではまた。