フロントエンドエンジニア兼ゲーマーがモノやサービスをレビュー

iPhone5を買うぞ。ドコモからソフトバンクにMNPする準備の巻

本日深夜26:00からの基調講演で、新型iPhoneが発表になる予定です。僕は毎年新しいiOS端末が欲しかったので、今までiPod touchを毎年買い替えていましたが、最近はそれほど物欲センサーが反応しなくなりました。
なので今年からはiPhoneにして2年毎に買い替えるサイクルに変更することに決め、現在契約しているdocomoからMNPでSoftBankに契約変更します。さようならドコモ!

スポンサーリンク

iPhone5を最速で手に入れる方法

去年の4Sもなかなか店舗に入荷せずヤキモキした方もいるのではないでしょうか。発売日当日に銀座や渋谷のApple Storeに並べればいいのですが、今までの傾向を見ると金曜かもしくは木曜に発売されることが多いです。これでは仕事で並べません。

そこで僕はSoftBankのオンラインショップから契約して注文することにしました。予約開始日にはサーバー落ち頻発の激しい争奪戦になりますが、予約できれば発売日の翌日に届くように発送されるのでまずはこの方法で挑戦します。

docomoからMNPする事前準備

争奪戦に備えるにあたり事前に準備しておかなければならない物をまとめます。

[2012.09.16 追記]
以下に記載した必要なものは在庫がある端末に対しての場合でした。発売前の端末で”予約注文”の場合は第一段階の申し込みでは以下のものは必要ないようです。

本人確認書類

デジカメや携帯電話で文字が鮮明に読めるように撮影して画像ファイルを作成しておきましょう。画像の最大サイズは300KBまでのJPGかPNGです。

クレジットカード

ソフトバンクのオンラインショップから新規、またはMNPで契約する場合、料金の支払い方法はクレジットカード一択です。ちなみにデビットカードは使えません。例えば楽天銀行のVISAデビットカードなどがこれにあたります。

MNP予約番号

単体回線での契約であればiMenuやdメニューから24時間発行できますが、下記の契約している方はドコモ インフォメーションセンターまたはドコモショップにて手続きする必要があります。

  • 一括請求/一括送付サービスの代表番号
  • 3回線以上でファミリー割引をご契約の主回線

僕は5回線で組んでいるファミリー契約の主回線になっていたので、インフォメーションセンターに連絡しなくてはなりません。9:00〜20:00の間に151に電話してMNP予約番号を発行してもらいます。

MNP予約番号の有効期限について

MNP予約番号は発行から15日間有効ですが、有効期限が7日以上残っていないとSoftBank側で申請することができません。
新型iPhoneの予約開始日がまだ確定していないのですが、今年はもしかしたら日本でも13日の日本イベントの後、夕方から予約開始になるかもという噂があるので、僕はすでに転出連絡を済ませました。
SoftBankで申し込みをする際には、予約番号の有効期限を日付で入力する項目もあるので併せてメモしておきましょう。

インフォメーションセンターでの手続きは15分程度で済みます。その際、まずは主回線を他の家族に移すので、主回線にする電話番号と契約者名が必要になります。主回線にできない契約者の場合もあるので事前に複数調べておくとよいとのことでした。
なお、予約番号発行から時間がたって使えなくなってしまった場合は、もう一度同じ手順を踏めば何度でも再取得できるそうです。
但し、ドコモのインフォメーションセンターのお姉さんはとても対応がいいので転出連絡は心が痛みます。できれば一度で済ませたいですね。

以上の準備をして今日の基調講演を楽しみにしましょう。

おまけ – 基調講演の生放送サイトの一例

日本語での同時通訳中継

ライブブログ(会場の写真と文字レポートがライブで更新されます。)